ブログネタ
ゴルフこそ我が人生 ゴルフ馬鹿 に参加中!

ボールがスライスしてしまう原因は、グリップの握り方、フェースローテーションの動き、バックスイングでの胸の回転などなど、

人によって注意すべきポイントが変わります。


つまり、誰かが上手くスライス改善できた方法が、そのままあなたに当てはまる保障はない訳で、

人のアドバイスに従っているうちは、全くスライスが改善できずに時間を無駄にしてしまうかもしれません。

yd09


しかし、吉本巧さんの速効!スライス撲滅プログラムでは、あなたが抱える問題点を特定し、その問題点を効果的に解消するレッスンプログラムが用意されています。


練習内容も、決して難しいことはなく、たくさんの画像やテキストを使って、わかりやすくなるように工夫されていますので、

あなたが今考えているよりもずっと短期間で、スライスを解消することができます。



マニュアルの詳細について、ここではポイントをいくつかまとめて紹介をすると、↓のようになっています。


yd13


ダウンスイングでのクラブヘッドの軌道

ドライバー 通常スピード 動画

種類2の改善方法 フェースローテーションしやすいグリップの太さ

『補助教材03【スコア100を切るための重要な3つのメンタルポイント】』






あなたも、↓の中に思い当たることがあるんじゃないかと思いますが、


スライスするから飛距離がでない

どうしても手打ちが治らない

ラウンドでは早く回りきることだけを考えてしまう

フェアウェーウッドでの転がしのアプローチがうまくいかない




スライスが治ると、自然とスイング全体がきれいになりますので、

ボールに回転が良く伝わり、まっすぐ飛ぶ弾道になっていきます。


速効!スライス撲滅プログラムでは他にも、スコアアップに欠かせないたくさんのノウハウが紹介されていますので、

フェース面とかクラブヘッドの軌道など、余計なことに気を配る必要もなくなり、短期間のうちに、↓のようになることができます。

images2


練習の成果をコースで十分に発揮できる

体力自慢のゴルファーに飛距離で勝てる

セカンドショットは最後に打つことが多くなる

ナイスショットの「あの手応え」の快感を味わう回数が増える





yd12


スライスするのを前提したコース戦略を考えるのは今日でやめて、まっすぐな軌道で気持ちよくラウンドできるスキルを身に着けるにはこちら








下園壮太
自律神経失調症
吉岡節夫